2007年07月11日

育児と政治

民主党の小沢一郎代表は9日午前、党本部で記者会見し、「国民の生活が第一」をキャッチフレーズにした参院選の選挙公約(マニフェスト)を発表したようです。

年金もそうですが、子育て、教育の面についてもマニフェストにくわえられているよおうです。

老後と教育、将来を形作る重要な2点がモロイ日本に未来はあるのかなぁ。

最重点項目である「3つの約束」は(1)年金問題(2)中学校卒業まで月額2万6000円の子ども手当を支給(3)農業の戸別所得補償制度の創設−を掲げた。年金問題では、年金通帳の導入や「国が責任をもって(年金を)全額支払う」ことを明記した。

さらに「7つの提言」で(1)雇用を守り、格差を正す(2)医師不足の解消(3)行政のムダを徹底的に省く(4)地方分権(5)中小企業対策(6)地球環境問題への取り組み(7)主体的な外交の確立−を挙げた。

子育て 育児
posted by エステナードソニック at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。